1. トップページ > 
  2. 卒園アルバムブログ > 
  3. 初めての卒アル作り > 
  4. 卒園アルバムに入る写真の枚数は意外と多い!

卒園アルバムに入る写真の枚数は意外と多い!

今回は卒園アルバムに入る写真の枚数についてです。

卒園アルバムを作るなら「できるだけ多くの写真を入れたい」と思っている人も多いことでしょう。

そこでこの記事ではページ数と写真枚数のサンプルに加え、それぞれに何回ずつ1人の園児が登場するかをご紹介しますので卒園アルバム作りの参考にしてみてください。

 

卒園アルバムの1ページにはだいたいどれくらい写真が入るのか

卒園アルバムの1ページには10〜24枚程の写真をいれることができます。

これ以上の枚数をいれると写真が小さくなりすぎるためオススメできません。
逆に少なくすれば写真を大きくすることができますので集合写真を入れる場合は調整すると良いでしょう。

 

 

園児20名カラーページ12の場合の写真枚数と内訳の例

園児が20名で卒園アルバムのカラーページを12ページの内容で作った場合の内訳は次の通りです。

写真総枚数約216枚

1ページ平均18枚で計算して約216枚です。
写真を大きく見せたいときはもっとすくなくなります。

 

1人あたりの登場回数は約15回〜20回

およそ1ページに1〜2回登場することになります。
これなら「全然載ってない・・・」となることも少ないでしょう。

 

集合写真などの割合はどうするのがいいのか

  • 集合写真 10%
  • 1人で写っている写真 20%
  • 数名で写っている写真 70%

このような配分で卒園アルバムに写真を入れるのがオススメです。
中でも集合写真は各ページに満遍なく入れるようにするのが良いでしょう。

1人で写っている写真は主に個人写真ページで使うものの他に、表情を見せたいところや運動会・お遊戯会などの動きや衣装を1人ずつ載せたい時に使うのがよいでしょう。(切り抜きを使うとさらにGood!)

 

まとめ

いかがですか?

12Pの中にも以外に多くの枚数の写真が入りますね。
園児の数と登場させたい数をまずメモしてページ数を見積もってみてはいかがでしょうか。

 

この記事をシェアする
mautic is open source marketing automation