1. トップページ > 
  2. 人気デザインレシピ > 
  3. 手描きイラストでつくる手つなぎ表紙の作り方

手描きイラストでつくる手つなぎ表紙の作り方

用意するもの

  • 手繋ぎイラスト用テンプレート用紙
  • (色画用紙)
  • (はさみorデザインナイフ)
  • スキャナー(コンビニなどのスキャナーで代用可)
  • GoogleChrome(らくらく制作ソフト推奨環境)
難易度 難易度: 星 星 星 星
時計所要時間目安: 3時間

卒園アルバムの印刷表紙では自分で写真やイラストを使ってデザインをすることができます。

今回はらくらく制作ソフトと画像編集サービスを使って、
園児の手描きイラストが手をつないでいるデザインの作り方をご紹介します。

解説動画

下準備

手繋ぎイラストの台紙を印刷

まずは園児に自身の似顔絵を全身で描いてもらいましょう。

真っ白の用紙では形も大きさもバラバラになってしまうのでテンプレートを用意していますので、
下にあるダウンロードボタンからダウンロードして印刷してください。
印刷するサイズはA4で統一しましょう。

テンプレートのダウンロード

色が淡い画材だと、背景の色味に負けて、イラストが薄くなってしまうので、できるだけ濃い色が出る画材を使うとGOODです。

GOOD:絵の具、マーカー、水性ペン

BAD:色鉛筆、クーピー

 

手つなぎイラストのスキャン

描いてもらえたら、一枚ずつスキャナーを使ってスキャンします。

スキャナーが自宅や近くになければ、コンビニや写真屋さんにあるスキャナーとコピー機が一緒になったものを使いましょう。
詳しい使い方は取扱説明書や店舗の従業員に問い合わせましょう。

スキャン時の設定は「A4サイズ・カラー・写真」というような設定にします。

 

スキャンをする前に確認!

スキャンしたあとでパソコンの画像編集ソフトを使って人型に切り抜くのですが、方法がふたつあります。

  • 先に紙をハサミなどで切り抜いてからスキャンする方法と、
  • A4の用紙をそのままスキャンする方法です

 

A4の用紙をそのままスキャンした方がラクなのですが、
もし絵がテンプレートの枠から大きくはみ出していた場合、用紙をそのままスキャンしてしまうとパソコンで切り抜くことが難しくなります。

パソコンの操作に慣れている方であれば、それでもキレイに人型に切り抜けますが、不安な場合は先にハサミなどで紙を切り抜いておきましょう。

 

用紙をそのままスキャンする場合

スキャンしたイラストをPIXLR EDITORで開きます。

開けたら、右側にある「レイヤー」パレットから「背景」の右側にある錠マークをダブルクリックします。
すると名前が「背景」から「レイヤー0」となります。

次に左側のツールパレットの左列側の3つ目の選択ツールをクリックして持ち替えます。

持ち替えたら絵の外側にある余分な白い部分をクリックします。


すると動く点線で白い部分が囲われるので、その状態でDeleteキーを押します。


すると白い部分だけが消えたらOKです。

一列選択に持ち替えて、動く点線を右クリックして「全ての選択を取り消し」をクリック。
すると動く点線が消えます。

そのまま一列選択ツールでいらない部分をドラッグして囲いDeleteキーで削除。
右クリックで「全ての選択を取り消し」をクリックします。
この手順を繰り返して余分な部分を消していきましょう。

今回は左上の「女の子」と「男の子」に加えて左下にグレーの線があったのでこれを囲ってDeleteキーで消します。

余分な部分が削除できたら、背景を透明な画像として保存しましょう。

ファイルメニューから「保存」をクリックしてでてくる保存の設定画面でフォーマットのプルダウンを開き「PNG(透過、フルクオリティー)」を選択します。
(フォーマットの右側にある▼をクリックするとプルダウンが開きます)

できたらOKをクリックして保存しましょう。

 

スキャンをする前にハサミで切り抜く場合

手の部分や服の部分が枠からはみ出しているイラストはパソコンでキレイに切り抜くのが難しくなります。
その為、先に用紙をハサミで切り抜いてからスキャンします。
(配置の際小さくするので少しのはみ出しは気になりません。

ハサミで切り抜く基準としては2〜3cm以上はみ出してる場合です。
(1円玉の大きさが2cmなのでちょうど良いです。)

 

ハサミで切り抜いた形がそのまま最終的なイラスト素材となるので、慎重に切りましょう。

デザインナイフなどがあるとカンタンに切り抜けます。
文具店だけでなく100円ショップでも手に入れることができます。

また、デザインナイフ使用時は必ずマットを使用しましょう。

 

切り抜いたものがコチラです。髪型を残したまま、手や体をテンプレートの枠に沿って切り抜いています。

これを画用紙に重ねてスキャンします。

絵の中で使っている色と遠い色を重ねるとパソコンでの切り抜きがカンタンになります。
紫や黄色など派手な色を何色か用意しておきましょう。

こちらも100円ショップなどで色んな色が入った画用紙が入手できます。

 

PIXRL EDITORでの編集方法は用紙をそのままスキャンした場合とほぼ同じです。

まず右側にあるレイヤーパレットの「背景」レイヤーの右側にある錠のアイコンをダブルクリックして「レイヤー0」に変更します。

 

左のツールパレットから選択ツールに持ち替えます。
花火のようなアイコンです。

選択ツールに持ち替えたら色画用紙の部分をクリックします。
するとイラストの部分を囲うように点線が動きます。

その状態でDeleteキーを押しましょう。

このように黄色い部分が消えれば切り抜き完了です。

最後にファイルメニューの保存をクリックして、でてきた保存画面でフォーマットの欄をクリックしてPNG(透過、フルクオリティー)に変更します。

後は「OK」をクリックして保存しましょう。

これで先にハサミで切り抜き後のイラストの切り抜き編集は完了です。

 

 

らくらく制作ソフトでの編集

らくらく制作ソフトへログインして表紙・扉ページ編集を表示する

らくらく制作ソフトへログインしたら、右上の「表紙・扉ページ編集」ボタンをクリックします。
編集画面が表示されたら次は背景です。

 

背景を変更します。

右側の背景パターン一覧から地球のものを選んでクリックします。
背景画面が地球になったら完了です。

 

切り抜いた手繋ぎイラストをアップロードする

下の画像アップロードボタンをクリックして、切り抜いた手繋ぎイラストをアップロードします。
この時必ずファイルの種類にある透過画像のチェックボックスをクリックしてチェックマークを入れておきます。

 

また、ファイル選択画面でShiftキーを押しながらクリック、ドラッグをすることで複数のファイルを選択できます。
複数枚選択している状態で開けばまとめてアップロードされます。

今回の様にアップロード枚数が多い場合は是非活用しましょう。

 

ドラッグ&ドロップでアップロードした手繋ぎイラストを配置していく

 

今回の例では、24人分のイラストを円形に並べていきます。

 

下に表示されているアップロードされた手繋ぎイラストをドラッグして、キャンバス上にドロップで配置していきます。

 

手繋ぎイラストの大きさの調整

手繋ぎイラストの大きさ調整にはバウンディングボックスを使います。
手繋ぎイラストをクリックすると枠で囲われます。
その枠の角にある点をドラッグすることで大きさの調整が行えます。

 

キャンバスの中央について

キャンバスの中央にある赤い枠は、卒園アルバムの背表紙になります。
この枠の線で折れることになるのでここには手繋ぎイラストを配置しないようにしましょう。
※完成サンプルではキャラクターを配置しています。

 

配置の際のワンポイント

配置の時は全員の人数を半分にして片ページずつに分けます。
24人なら12人ずつといった具合です。

その12人を順番に上から配置していくのもいいのですがそれだと最後に合わずにやり直しになることがあります。
全員の人数の半分の半分(24人なら6人)まで並べたところで地球の1/4以上になってしまったら大きさなどを調整します。
半分くらいまで並べたら下から配置すると調整がしやすくなります。

 

 

もし21人などの奇数の場合、10人と11人に分割して大きさを調整すれば、違和感なく並べることができます。

 

全員分の配置が出来れば完成です。

 

 

切り抜きに少し手間がかかりますが、実は意外とカンタンに作れるデザインですので、是非挑戦してみてください!

ページの先頭へ

今すぐ!お見積りフォームへ!

さくらんぼテンプレートプレゼント

10大特典はこちら

Menu

無料体験版ログイン

制作途中のログイン

旧バージョンのログイン

らくらくアルバム制作専用ソフト

簡単!卒園アルバム専用らくらく制作ソフト

Menu

(例)アルバム8Pの場合

10 ¥4,950 / 1冊あたり

20 ¥3,820 / 1冊あたり

30 ¥3,130 / 1冊あたり

50以上 ¥2,590 / 1冊あたり

※冊数が増えると単価が下がります
※ページ数によって値段も変わります

アルバム大賞

力作が勢揃い!今年のアルバム大賞をチェック!

オンラインショップ

夢ふぉとオリジナル商品のお店がオープン!

この記事をシェアする
mautic is open source marketing automation