トンボとは?

トンボとは、印刷物を作成する際に、仕上がりの範囲と中央の位置を表す目印の事です。
トンボには2つの種類があり
・「角トンボ(コーナートンボ)」
仕上りの範囲を示す四隅にある目印

・「十字トンボ(センタートンボ)」
仕上がりの天地左右の中央を示する目印

があります。
またトンボの外側は断ち落としされますが、この際に微妙なズレが出るために原稿はトンボより大きめに作成する必要があります!

夢ちゃんトンボより大きめに作成する部分を「裁ち落とし」と言います。