DTPとは?

DTPとは、「Desk Top Publishing」の頭文字をとった略語で、日本語に訳すと卓(机)上出版で、パソコンで印刷物のデータを作成する事を意味します。主なDTPを制作ソフトとしてはAdobe社の「Indesign」「Photoshop」「Illustrator」がよく使われており、印刷会社などでは「QuarkXPress」などが使用されている事もあります。
 
DTP関連の主な職種としては「DTPデザイナー」と「DTPオペレーター」分かれており、デザイナーはレイアウトを考え印刷物の内容構成を考える役割で、オペレーターはデザイナーが作成たデータに修正や加工を行う役割になります。
 
それぞれのソフトには得意な作業があり
「レイアウト」…Indesign、QuarkXPress
「写真加工」…Photoshop
「イラスト、図の描写」」…Illustrator
など用途に合わせて使い分けされています。
 
夢ちゃんパソコンが普及したことで
個人で印刷物を作る垣根が下がったよ