1. トップページ > 
  2. 卒園アルバムブログ > 
  3. 写真 > 
  4. 個人写真を上手く撮るたった3つのコツ

個人写真を上手く撮るたった3つのコツ

2017年2月14日

卒園アルバムの個人写真、なかなかうまく撮れないとお悩みのママさん必見!
個人写真が驚くほどうまく撮れるポイントをご紹介します。

たった3つの事に気をつけるだけで、
個人写真が見間違える程にキレイに撮影できます。

 

【1】コブシ1つ分の空間をつくる
個人写真でありがちな失敗といえば、顔がどアップの写真!

顔が枠いっぱいになっていたり、
頭の上が切れてしまっている写真見たことありませんか?

失敗例

1

全員の顔を同じ大きさにするコツは、
少し距離を置き、胸下から頭までがキッチリ入る様に撮影すること。
この時、頭上にコブシ1つ分の余白を空けて撮影すると、
切り抜きやサイズ調整する際に顔の大きさを揃えやすくなります。

成功例
2

上下左右ともに余白を持たせて撮影すれば、
さらに微調整しやすいですよ。

 

【2】室内では白い壁を背景にしよう
続いては室内で写真を撮る際のテクニック。
屋内での撮影時は白い壁を背景にしましょう。
背景を白にすると輪郭が強調され、被写体がくっきりと写ります。

また、白い壁は様々な光を反射し
被写体を明るくキレイに見せる効果があります。

バック花個人

 

反射光で子ども達の表情がより明るく写ります。

白い壁の部屋がいくつかある場合、狭い部屋の方が光を反射しますので
そちらを選びましょう。

同じ白い壁でも、電球の種類や壁のクロスの種類、光の方向によっては
写真に赤みが出てしまう事があります。
撮影前には必ず試し撮りをしておきましょう。

 

【3】屋外での撮影は逆光に注意!

最後は屋外での撮影時に気をつけるポイントについて。
屋外での撮影で注意すべきは何と言っても逆光です!

初心者が逆光で撮影すると、顔が暗く写ってしまいます。
下の写真を見比べてください。

逆光
332

 

 

順光(被写体の正面からの光)
卒業証書小学生49_12

逆光と順光では印象がずいぶん違いますね。

光の方向を意識して撮影するだけでも、
写真の印象はガラリと変わります。

 

 

いかがでしたか?
難しいテクニックを覚えなくても、
この3つのポイントを抑えておけば
子ども達のベストショットが簡単に撮影できます。

 

この記事をシェアする
mautic is open source marketing automation