ママでも出来る卒園アルバムの為の写真撮影のコツ

今回はデジタルカメラの基本の基本を押さえていこうと思います。

デジカメには実は簡単なコツがあります。
今回は写真を撮るときに知っておきたいコツを紹介します!

デジカメを準備をして一緒にやってみましょう。

 

オートフォーカスを使いこなそう!

IMG_3174

ほとんどのデジタルカメラでは、シャッターを半押しすると
「ピピッ」といって画面に四角が出るか、四角の色が変わると思います。
これをAF、オートフォーカスといいます。(自動で焦点を合わせてくれます。)

顔認識機能というのがありますが、これはカメラが顔を判別して、
そこに焦点を自動で合わせてくれる機能です

これで静止している被写体のほとんどは奇麗に撮れるでしょう。

 

手ぶれを軽減するカメラの持ち方!

t02200294_0360048111616748573

動いていない状態でも、どうしても手ぶれでぶれてしまう事ってありますよね。

最近のデジカメでは手ぶれ補正機能等がついているデジカメも多いですが
それでもシャッターを押す瞬間どうしてもブレてしまいます。

実は、手ぶれは持ち方で軽減する事ができます!

 

さて、次の2つの内、どちらが正しい持ち方でしょうか!?

 

①両手でしっかりと力強く持ち、脇を開いた状態で撮る。

②右手でしっかりと持ち、脇を閉めた状態で撮る。

 

 

正解は・・・。

②の「右手でしっかりと持ち、脇を締めた状態で撮る。」です。

カメラを持つ時は右手はしっかりと持ち、左手は添えるのが正しい持ち方です。

そして脇は開けずに閉めた状態で画面をのぞくようにしましょう。

 

 

いざ出陣!撮影してみよう!

o0481032011616473204

以上オートフォーカスとカメラの持ち方を意識しながら

自分のお子さんや色々な物で練習してみましょう!
撮りたい物がちゃんとくっきり撮れる事が第一です。

今回紹介したものはほとんどのカメラで活用することができます。

banasotuen blog%e7%94%a8