1. トップページ > 
  2. 卒園アルバムブログ > 
  3. ブログ > 
  4. 知らないと後悔する!?卒園アルバムの常識『中の紙の厚さを身近な物で比べてみよう!』

知らないと後悔する!?卒園アルバムの常識『中の紙の厚さを身近な物で比べてみよう!』

2014年6月13日

DSC_2698

前回の記事で、「上製本」が外側のカバーが分厚いハードカバーになるという事を書きました。

『じゃあ中身は?』という事で、今回は中身の紙の厚さについてお伝えしますっ!

 

 

紙の厚さってどうやって確かめるの?

卒園アルバム会社や印刷業者のホームページを見ると
何やら「120kg」や「200kg」とか、重さが書いてありますね。

この重さが重いほど、紙がぶあつくなります。

イマイチわかりづらいですね(‘ω’ 😉

 

身近な物で比べてみよう!

NKJ56_ahiruchantoeibuns

身近な紙で例えると・・・

新聞紙の薄さが50kgくらいで、郵便はがきのぶ厚さが、150kgくらいです。

 

なんとなくイメージできたでしょうか?

近くにあったら触れてたしかめてみましょう!

 

100kgくらいだと、郵便はがきよりも薄いのでちょっと不安・・・。

200kg以上あれば、丈夫でしっかりとした
卒園アルバムにぴったりの厚さと言えるでしょう!

 

大切なお子さんの卒園アルバム、薄くて破れやすい紙と、分厚くて丈夫な紙。

どちらに大切なお子さんの思い出を残しますか?

是非紙の厚さもこだわってみてください☆

 

 

ちなみに?

ちなみに、夢ふぉとのアルバムは220kgですっ!!!∠(‘ω’)/

しかもただの220kgの紙じゃありません。

印刷方法もこだわっていますのでかなり丈夫で奇麗です。

 

どういう印刷方法なのか?それは次の記事でご紹介します☆

次回は、中身ページの印刷方法についてですっ!

実は印刷方法によって、中身のページがガラっと変わるんです。

是非知っておいて欲しいです☆

この記事をシェアする
mautic is open source marketing automation