1. トップページ > 
  2. 卒園アルバムブログ > 
  3. 初めての卒アル作り > 
  4. 作りたいアルバムに合わせたアルバム業者選び

作りたいアルバムに合わせたアルバム業者選び

卒園・卒業アルバムの仕様には様々なものがあります。
表紙に使う材質から、用紙の材質、製本方法の違いまで様々な組み合わせがあります。

そして、業者によって扱うアルバムの仕様が違うことがあり、イメージしていたアルバムと違うというトラブルもあるようです。

そんなアルバムの仕様と業者選びについて今回は解説したいと思います。

卒園・卒業アルバムによく使われるアルバム仕様の組み合わせ

・昔ながらの卒アル!最高レベルの耐久度と拡張性をもつ上製本+貼り合わせ製本

価格は部数が多くなればなるほど安くなるのが特徴です。
中綴じタイプの組み合わせに比べると高価ではありますが、耐久性は抜群です。
大人でも折り曲げることは難しく、中ページもかなり丈夫。

開いた時、中央部分が平らになる為、中央付近まで写真を配置できます。
その為中綴じタイプに比べると開いた時に大きく広げて見ることができます。

 

・価格と耐久度の折衷案?安価で厚紙表紙を使う上製本+中綴じ

安価ですが耐久度を保つため厚紙を使った表紙を使った組み合わせです。
閉じた状態では折れ曲がりにくく、中身のページを守ってくれます。

しかし、ページを開いたとき中央に向かって沈むので写真配置には注意が必要です。

 

・安価ですぐ作れる映画パンフレット風の並製本+中綴じ

比較的安価で原稿締め切りにも比較的余裕があるのがこのタイプの特徴です。
しかし、耐久度は映画のパンフレットと同等で何度か開くと、しわができたり手の脂で変色することがあります。
子供の力でもあっさりと折り曲げることが可能なので長期間保管するのには向いていません。

 

どんな業者を選べば失敗しないのか

作りたい卒園アルバムのイメージを実現できる業者がいいでしょう。
その為にはまずサンプルアルバムを取り寄せてみましょう。

サンプルアルバムはその業者の作る卒アルがよくわかりりますので、耐久性や写真の綺麗さを確認して納得の行く卒アルが作れそうな業者を選びましょう。

 

卒園アルバム.comのオススメ

一生残る思い出の品ですので、中綴じタイプではなく上製本+貼り合わせ製本の昔ながらのタイプをオススメしています。

この記事をシェアする
mautic is open source marketing automation